【初級編】ドラクエ風プロフィール画面の作り方

初級編

ドラクエ風フォントを使ったステータス画面と、ドラクエ風ドット画像を作ったら、それらを合わせてプロフィール画面を作ってみましょう。

解説を使うにはAdobe製品が必要です

このサイトの解説や便利なテンプレートにはPhotoshopなどのAdobe製品を使っています。

ソフトを持っていない場合は、解説の内容を試すことができません。

次のページでAdobe製品の詳細や導入方法、おすすめプランの選び方、ソフトの特徴を紹介しています。

元になるテキスト画面とドット画像

ステータス画面ドット画像をまだ作っていない人は、次のリンクを見ながら作ってみてください。

↑テキスト画面は、ステータス画面だけあればOKです。

 

まず、元になるファイルを用意してPhotoshopで開きましょう。

  • ステータス画面
    ステータス画面例02
  • ドット画像
    コントラスト後

明るさ・コントラスト適用後

 

プロフィール画像の作り方

ステータス画面にドット画像をコピーする

ステータス画面ドット画像をコピーして1つの画像にします。

プロフィール画面解説-01

画像の位置を調整する

ステータス画面ドット画像の位置とテキストの位置を調整します。

ドット画像の調整

移動ツールを選択してから、ドット画像を移動します。

プロフィール画面解説-02

テキストの調整

テキストすべてのテキストレイヤーを選択してから移動します。

プロフィール画面解説-03

背景を黒にする

背景に表示されている画面サイズのグレーのレイヤーを非表示にして、黒い背景にします。

コマンドの枠も不要ですので、非表示にしておきましょう。

プロフィール画面解説-04

画像のサイズを調整する

画像が大きすぎたり、小さすぎたときは、大きさを調整します。

プロフィール画面解説-05

画像の枠が出ないときは

移動ツールを選択しても、画像の枠が表示されないときは、バウンディングボックスを表示という項目にチェックが入っているか確認してみましょう。

プロフィール画面解説-06

ファイルを保存する

編集が終わったら、ファイルを保存します。

内容を変更する可能性があるので、Photoshop(.psd)形式で保存しておくことをおすすめします。
.jpgなどの画像形式にしてしまうと、後で文字の変更ができなくなりますので注意してください)

動画編集の時も、ほとんどのAdobe社のソフトなら.psd形式のまま読み込めますので問題ないと思います。
もしも.psd形式のファイルが読み込めないソフトを使って編集する場合だけ.jpgなどの画像形式に別名で保存すればよいでしょう。

 

これで初級編は終了

これで初級編は終了です。
意外と簡単?
それとも難しかったですか?

テキストドット画像を一つの画面に編集できたら、静止画でのドラクエ風素材が作れるようになっていると思います。

これで新郎新婦のプロフィールを作ったり、いろいろ工夫してみましょう。

中級編は動画の作り方に続きます。

スポンサーリンク