【中級編】ドラクエ風オリジナルタイトルロゴ画像の作り方(と作例ロゴ画像)

中級編

ドラクエ風動画のオープニングに欠かせないものと言えば、例のファンファーレとロゴ画像です。
でもタイトルが「ドラゴンクエスト」のままでは何のことだか見る人に伝わりません。

せっかくなら結婚式や披露宴にちなんだタイトルが欲しいところです。

というわけで、ドラクエ風ロゴタイトルの作り方を紹介します。

この方法はIllustratorとPhotoshopを使います。
一度作れば15~30分程度で完成させられると思います。

作例ロゴ画像を掲載しているので「使えれば作例でも何でもいい」という人はそのまま使ってください。

解説を使うにはAdobe製品が必要です

このサイトの解説や便利なテンプレートにはPhotoshopなどのAdobe製品を使っています。

ソフトを持っていない場合は、解説の内容を試すことができません。

次のページでAdobe製品の詳細や導入方法、おすすめプランの選び方、ソフトの特徴を紹介しています。

作例ロゴ画像

タイトルロゴ画像(ウェディングクエスト)

タイトルロゴ画像(ウェディングクエスト).png(5KB)

タイトルロゴ画像(WEDDING-QUEST)

タイトルロゴ画像(WEDDING QUEST).png(5KB)

背景が透過する.png形式の作例タイトル画像です。
祝い事なので岩のひび割れ表現は少なめです。

使用フォント

作例で使用しているフォントは「DF特太ゴシック体」です。

フォントは文字が太い方がドラクエ風ロゴっぽくなります。
逆に、筆記体や華奢なフォントは面白い効果が出るかもしれません。

ドラクエ風オリジナルタイトルロゴ画像の作成手順

手順は大きく2つに分かれます。

Illustratorでタイトルロゴの骨格を作り、Photoshopで肉付けするイメージです。

Illustrator

title_make_29

Photoshop

title_make_30

Illustratorでテキスト変形

まずIllustratorでドラクエ風タイトルロゴにしたい文字を入力し、変形させます。

title_make_00
加工前タイトルテキスト

手順1 ワープで文字の形を変える

文字の中央をへこませ、下を縮めるように変形させます。

title_make_03
ワープ適用後

数値は目安です。
好みのサイズになるように調整してください。

効果→ワープ→でこぼこ

title_make_01

  • カーブ -10%
  • 変形
    水平方向 0%
    垂直方向 -10%

title_make_02

手順2 変形後の文字をアウトライン化する

ワープ変形後もテキストの状態なので、画像として処理するためにアウトライン化します。

title_make_04
アウトライン化前

アウトライン化する前の状態は、文字の変更ができます。

title_make_05
アウトライン化した状態

アウトライン化した後は図形として扱われるため、文字の変更ができなくなります。

オブジェクト→アピアランスを分割

title_make_06

※通常文字をアウトライン化するときに使う「書式→アウトラインを作成」では変形前の形式でアウトラインが作成されるため「アピアランスを分割」を使います。

手順3 文字を複製・縮小(拡大)して重ねる

文字を複製し、前面の文字を5~10%程度縮小(または背面の文字を拡大)します。

title_make_07
複製・縮小(拡大)後

次の処理のために前面の文字の線の色背面の文字の色を同じにしておきます。

  • 前面の文字
    塗り(任意の色)
    線(黒)
  • 背面の文字
    塗り(黒)
     線(黒)
title_make_08
色設定の拡大図

手順4 文字をブレンドし厚みを作る

2つの文字の間をブレンド機能で埋めて厚みを表現します。

ブレンドを実行する前にブレンドオプションからブレンドの設定をします。

オブジェクト→ブレンド→ブレンドオプション

  • 間隔 ステップ数:100
  • 方向 パスに沿う(右側の選択ボタン)

title_make_09

title_make_10

設定したら、前面・背面の文字を選択した状態でブレンドを実行します。

オブジェクト→ブレンド→作成

title_make_11

ブレンド前は前面と背面の文字間が開いています。

title_make_12

ブレンドを実行すると間が設定に沿って(今回は100ステップ)補間されます。

title_make_13

滑らかに見えますが100枚の画像で構成されています。

手順5 ブレンドした文字を拡張して切り離す

ブレンドした状態では前面の文字と背面の文字がつながった状態になっているため、別々に編集できるようにします。

title_make_15

オブジェクト→ブレンド→拡張

title_make_14

これでブレンドで作成した100ステップの画像が分割されました。

手順6 影の文字画像を一つに結合する

影部分の画像を結合して一つにまとめます。

表面の一枚以外の画像を選択→パスファインダー→形状モード(合体)

title_make_16
最前面を除いた全ての画像を選択する

title_make_18

title_make_19

これで影部分と表面の部分の2つの画像が用意できました。

title_make_17
影部分結合後

Photoshopでタイトルロゴ画像の装飾

Illustratorで作った画像をベースにFC風タイトルに加工します。

手順1 Illustratorから画像をPhotoshopに読み込む

Illustratorで作成した影部分表面の画像をそれぞれPhotoshopにコピーして貼り付けます。
スマートオブジェクト形式で作成していますが、好みの形式でかまいません。

title_make_21

サイズが合わなければ調整します。

サイズ変更時にアンチエイリアスにチェックを入れると輪郭がボンヤリします。
ファミコン風ドット絵のハードな輪郭がよい場合はチェックを外しておきます。

手順2 影部分の画像を3枚に複製する

影部分のレイヤーを2回複製して3枚にします。
レイヤーは次の順番にします。

  • 表面
  • 影部分1
  • 影部分2
  • 影部分3

title_make_22

同じ位置に重なっていますが、画像は次のようになっています。

手順3 画像に色と境界線をつける

それぞれの画像に色と境界線を設定します。
色と境界線はレイヤースタイル機能を使います。

色設定

上の3枚の画像に色をつけます。

  • 表面(明るい色)
  • 影部分1(やや暗い色)
  • 影部分2(暗い色)
  • 影部分3

レイヤー→レイヤースタイル→カラーオーバーレイ→表示色(好みの色)

title_make_23

表面がクリームがかった白、影部分はグレーの濃淡差にするとそれらしくなります。

境界線

一番下の画像で境界線を描きます。

  • 表面
  • 影部分1
  • 影部分2
  • 影部分3(境界線)

レイヤー→レイヤースタイル→境界線(サイズ:1、位置:外側)

title_make_25

境界線の色は黒がおすすめです。

レイヤーは次のようになっているはずです。

title_make_24

手順4 濃い影を描く

影部分1(やや暗い色)を部分的に非表示にして濃い影を描きます。

影部分1にマスクを設定する

  • 影部分1(やや暗い色)

レイヤー→レイヤーマスク→全ての領域を表示

影部分1の非表示部分で濃い影を表示させる

  • 影部分1(やや暗い色)

マスクで非表示にする部分(濃い影が表示される部分)を鉛筆ツールで黒くマスクします。
マスクされた部分は表示されなくなるので、下にある濃い影の色が見えるようになります。

失敗したときは白く塗ると元に戻ります。

title_make_26

※マスク機能がわからない場合は、普通に色を塗っても可です。
その場合は、思い切り拡大するとはみ出しにくくなります。

手順5 ひび割れを描く

新規に作成したレイヤーにひび割れを描きます。

ひび割れが多すぎても少なすぎても不自然です。
年月が経つと岩がどう欠けていくのか、想像しながら描いてみましょう。

新規レイヤーを作成

title_make_27

  • 新規レイヤー(ひび割れ)
  • 表面(明るい色)
  • 影部分1(やや暗い色)
  • 影部分2(暗い色)
  • 影部分3(境界線)

画像は次のような構成になっています。

title_make_28

手順6 完成した画像を使う内容に合わせて保存する

これでファミコン版ドラクエ風タイトルロゴの完成です。

wedding_quest_logo_sample

完成したタイトルロゴ画像を別名で保存、Web用に保存などから画像を保存します。

背景を透過させたい場合は.png形式が便利です。

作例タイトル画像ファイル

今回の作例タイトル画像の作り方で使ったファイルです。

開いてみると雰囲気がわかると思います。

Illustrator

タイトルロゴ画像(ウェディングクエスト).ai(Illustrator CS6,1.9MB)

Photoshop

タイトルロゴ画像(ウェディングクエスト).psd(Photoshop CS6,1.0MB)

参考リンク

FC版ではなく高解像度のタイトルを作りたい人は次のウェブサイトが参考になります。

スポンサーリンク